This page:燃費向上対策解析ブログ TOP > 燃費向上関連の自動車機構 > エンジン機構 > ハイブリッドカー(車)の燃費性能

ハイブリッドカー(車)の燃費性能


スポンサード リンク

ハイブリッドカー(車)の燃費が良い理由や原理について大まかに説明します。

■ハイブリッドカーと回生ブレーキ


ハイブリッドカーの燃費性能がなぜ飛びぬけていいのかというと自動車減速時のエンレーキの力を利用してモーターの動力源であるハイブリッドバッテリーに充電しているからで、本来はブレーキをかければ車体を減速させるためのエネルギーや音、熱などに変換されて、動力エネルギーに変換されることは一切無かったのです。

このような車両減速エネルギーを再利用することを回生ブレーキといいます。この回生ブレーキの仕組みがわかっていればハイブリッドカーの燃費を最大限に引き出せます。

■ハイブリッドカーの燃費を向上させる運転方法


簡単に言いますと惰性走行を意識すればいいわけです。普通の自動車の燃費を向上する走行法にも共通しますが、信号ギリギリまでアクセルを踏んでいたり、車間距離を詰めすぎたりする運転方法ではいくらハイブリッドカーでも燃費が落ちてしまいます。

ハイブリッドカーのハイブリッドバッテリーへの充電は充電状態や車の暖機状態によってさまざまな制御をしますが基本的にはアクセルを離したとき、フットブレーキを踏んだときにエネルギー回収の回生ブレーキに入ります。

このため道路状況を予測して早めにアクセルを戻しておけばエネルギーの回収をより多くできるので燃費も当然よくなります。

■ハイブリッドカーの燃費悪化原因


ハイブリッドカーの燃費悪化の原因の一つとして短距離走行の繰り返しがあります。なぜかと言うとエンジンのかけ始めでエンジンが冷えているときは通常の車と同じように暖機を促進するために燃料を多く噴射してエンジン回転数を高めに制御します。

このときの燃費はハイブリッドエンジン以外と変わりないので、この状態からエネルギー回収されない状態でエンジンを止めてしまうような短距離走行の繰り返しの場合極端に燃費が悪化する可能性があります。
もうすこし燃費以外についてもハイブリッドカーについて知りたい場合はハイブリッドカー(車)についてをご覧ください。

cms agent template0035/0036 ver1.005