This page:燃費向上対策解析ブログ TOP > 燃費向上要素・悪化要素 > 運転方法 > シフト操作、エンジンブレーキ

シフト操作、エンジンブレーキ


スポンサード リンク

シフト操作やエンジンブレーキを効果的に利用して自動車燃費を向上する方法について

■シフト操作と自動車燃費の関係


結果から書かせてもらうとA/T及びCVTに関しては一般道を走行時にはシフト操作はせずにDレンジ固定した方が燃費に悪い影響を与えないかと思います。

シフトダウンによるエンジンブレーキは燃費向上に効果あり?

A/T及びCVTの燃費向上の運転方法としてシフト操作を行う場合はエンジンブレーキによるフューエルカットを狙ったシフト操作以外はしないと思います。

ところでフューエルカットを狙ったシフトダウンは本当に燃費向上に効果があるのでしょうか?・・・というとシフトダウンによるエンジンブレーキには燃費向上効果はあまり望めません。シフトダウンによるフューエルカット時には確かに燃料消費量は0ですが燃費に関しては良い状態とはいえないからです。

シフトダウン時には強めのブレーキがかかりますので、強いブレーキングを使うまでも無くアクセルOFFによる軽いエンジンブレーキ(惰性運行状態)で道路状況を見ながらスピード調節するような運転が好ましいといえます。

まとめると燃料カットを目的とするよりも強いブレーキング要素を出さない方が燃費向上には効果的な運転方法ということになります。

山道などの長い下り坂でのエンジンブレーキ

スピードの調節としてフットブレーキを使用せずエンジンブレーキを使用する運転方法は車にとっても燃費面から見ても有効だと思います。フットブレーキとアクセルを踏むことによるスピード調節は山道などで最も燃費が悪くなる運転方法です。

Dレンジと2レンジを行き来しながら可能な限り惰性運行で下り坂を降りる事が出来れば、もし山道などで登ってきた後ならば自車に蓄えた位置(高さ)エネルギーを有効に利用することになりますので燃費向上ではないのですが無駄を回収できます。

アクセルを開ければスピードが出すぎてフットブレーキで減速、フットブレーキで減速すればスピードが落ちすぎてアクセルONでスピード調節という悪循環に陥った運転をしないように有効にエンジンブレーキを利用しましょう。

M/T車のシフト操作と自動車燃費


シフトダウンに関しては上に書いたA/TやCVTと同様です。M/T車はシフトアップの融通が細かく利くのでシフト操作による燃費向上は期待できます。ついつい引っ張ってしまいがちな1,2速を低回転で抑えつつ3速あたりから伸びの有る加速を意識するのがいいかと思います。

3速は市街地走行では使用頻度が多く、固定してしまうような運転方法をしてしまう人もいるようですがシフト操作をサボらず低回転で走行することが出来れば燃費面では有利なM/T車です。

ただし速度に見合ったシフトをしてノッキングなど車に悪影響を与えることの無いように注意しましょう。


cms agent template0035/0036 ver1.005