渋滞道路走行


スポンサード リンク

道路状況で渋滞路走行と自動車燃費の関係を解析して燃費向上する方法

渋滞道路走行とは


まず、ここで言う渋滞路走行の定義として簡易的に書かせていただきます。渋滞路走行の目安としては平均速度が20km/h以下で停車率(速度0km/h)が35%以上の走行状態とします。(数値はあくまでも目安として書かせていただきました)

■渋滞道路走行の自動車燃費への影響


エンジン稼働時間自動車燃費の関係

渋滞路では車が走っている時間に対して車が停止している割合(停車率)が高いため、燃料消費量が少なくても走行距離が一向に伸びないため走行距離÷燃料消費量で計算する燃費計測においては悪い数値が出ます。これは渋滞路走行の定義にはまらない極低速走行においても同じ事が言えます。

また走行距離に対するエンジン稼働時間が多くなることも燃費悪化要因の一つになります。エンジン稼働時間の影響は時間当たりの基本燃料消費量が多い排気量の大きな車ほど受けやすくなっています。

エアコン効率の悪化

また夏場であるとエアコンの熱交換器(コンデンサー)の放熱効率が悪化するためコンプレッサーの稼働率が上がって燃費が悪化します。これは熱交換器の放熱を通常なら走行風に依存している割合が多いからです。

またこのような状態ですとコンデンサー冷却のための電動ファンは常時稼動状態になってしまうはずです。よって電気負荷上昇という面でも燃費悪化に繋がります。

車両重量の影響

STOP→GOの繰り返しとなる渋滞路走行では車両重量及び積載重量などの車両負荷が燃費に大きく関わってきます。重ければ重いほど加速させるエネルギーも必要になります。普段から無駄な荷物は降ろしておきましょう。

■渋滞路での燃費向上対策


アクセル操作に気を配る

渋滞路ではイライラしてしまうため対して距離が無いにもかかわらず結構アクセルを開けてしまい無駄な加速をしてしまいがちです。ですが少ない距離を詰めたところで渋滞が解消されるわけでもなければ目的地に早く着くわけでもありません。

ここは落ち着いて通常の低燃費型のアクセルワークを利用してジワッとアクセルで低燃費走行を心がけましょう。ただでさえ悪化してしまう燃費なので、このような気配りで燃費向上を意識しておきましょう。

渋滞路回避の手段を考える

道路状況ということなので燃費向上対策としては難しいところですがナビゲーションの渋滞回避機能の活用や高速道路ではETCの活用で料金所渋滞を回避するという方法が一番効果的です。この場合は渋滞路走行中というよりも回避する方法ですが・・・。

電気負荷の低減対策

渋滞で走行していない状態ではエンジン回転による充電装置(オルタネータ)の発電量が少ないため、フル稼働状態になります。(車によっては低燃費型充電制御によってアイドリング時に充電制御をカットする車もあります)

よってヘッドライトの減光やオーディオ、エアコンなどを適度に抑える、ブレーキを踏みっぱなしにせずPにシフトしてサイドブレーキで対応する、電装品などの使用を控えめにするなども渋滞中を電気負荷を軽減して充電装置の稼動を抑え燃費向上に貢献します。

またこのような行為はバッテリーの保護にも効果的な手法なので覚えておくと役に立つかと思います。


cms agent template0035/0036 ver1.005