市街地走行


スポンサード リンク

道路状況で市街地走行と自動車燃費の関係を解析して燃費向上する方法


■市街地走行とは


市街地走行とは高速道路以外の走行として幅広く使われる言葉ですが、一応目安としてこのサイトでの定義では平均速度20~40km/hで停車率15~30%の特に走行道路を限定しない住宅地~県道~国道などの混合走行とします。

■市街地走行の自動車燃費への影響


市街地走行では信号や横断歩道などが多数あるため減速、停止、発進加速の繰り返しが多いため燃費が悪化しやすい傾向にあります。

特に重量が重い車、または積載、乗車人数によって重量が増加している場合ははその分加速に使用するエネルギーも余分に消費しなけばならないのでカタログの燃費より悪くなる傾向がコンパクト軽量の自動車より強くなります。

また直線をメインに走っているような高速道路と違い道路からの外乱や曲がる回数などによって減速をしなければならない事がおおかったりすることも燃費悪化の要因の一つであると考えられます。

もう一つこれは国道などでの走行になってしまうと思いますが多頻度の車線変更もまた燃費悪化の原因になりえる上に危険運転ですのでやめましょう。これは基本的にハンドル操作は自動車にとってブレーキとして働くので無駄にハンドルを切る分だけ走行抵抗になるためです。

■市街地走行での燃費向上対策


市街地走行こそ燃費向上の走行方法や知識が最も活用できる道路状況で燃費向上効果も得やすいといえます。細かい対策を1つずつしっかり意識していく事で大きな効果が期待できます。

アクセル操作と予測運転

燃費向上対策としては車間距離を詰めすぎる、信号が赤なのに加速を続けるなどの無駄な加速、アクセル操作をせずに安全運転を心がけることによって大幅に燃費向上に貢献できるはずです。

交通の流れを読んで減速には極力惰行運転でのエンジンブレーキ意識するだけでずいぶんと燃費は改善します。

発進加速時も重要なポイントで急なアクセル操作をせずにゆっくりと5~4分の1程度を限度にして加速すると燃費向上に貢献できます。アクセルを抜くことによる変速を覚えればアクセル操作による加速方法は言うことナシです。詳細はアクセル操作/燃費向上対策をご覧下さい

ただし燃費を重視しすぎて交通の流れを阻害するような運転は危険になりますので注意してください。

車両重量の影響

STOP→GOや加減速の多い市街地走行では車両重量及び積載重量などの車両負荷が燃費に大きく関わってきます。重ければ重いほど加速させるエネルギーも必要になりますので普段から無駄な荷物は降ろしておきましょう。

走行路の選び方

基本的に自動車の燃費を向上させるためには無駄な動作を省くことが重要になってきます。少し渋滞しているからといって住宅地の中や曲がりくねった道ばかりに逸れて走行していると燃費が悪化する可能性があります。

特に2車線の国道などではよっぽど流れが悪い場所でなければそれなりに流れていきますし距離も最短だったりしますのでそこそこ燃料消費量としては稼げる計算になったりもします。

通勤路などで心当たりがあれば実燃費のルートを変えて燃費測定してみるのも参考になるかもしれません。


cms agent template0035/0036 ver1.005