燃費診断解析方法


スポンサード リンク

当サイト独自の燃費診断解析方法、診断データー項目の解説について

■当サイトの燃費診断解析で解ることについて


一般的に燃費データを比較参考にするときにまずカタログの10・15モード燃費を基準にして、それに近い方が良い燃費とされており、実走行、使用の状況などは「一般道と高速」などというかなり抽象的な燃費比較方法をしていると思います。

数字で見るだけならそれだけでもいいでしょうが、例えばあなたの車を燃費苦情で修理に出したところ「異常はありません」と言われ上で挙げた「一般道と高速の走行テストとカタログ燃費との比較」のようなデータを出されたらどう思うでしょうか?

一般道でも空いていたのか混んでいたのか、どんな走り方をしたのか?何キロくらいを何時間掛けて走行テストしたのか、エアコンは使っていたか、夜走ったのか朝走ったのか?高速道路の燃費計測でも同じことが言えます。

■燃費解析に必要な最低限のデータ



ということで仮にも仕事でも燃費改善アドバイザーをしているわけですから、このサイトでも最低限のデータを提示して燃費解析を公開していきます。

走行時間

各項目の平均値を出す時に大切なデータです。

走行距離

走行時間と同様に平均値、各データの基準となるため正確なデータが必要です。

平均車速

走行時間と照らし合わせることで平均車速を計算します。平均車速はアクセル開度、停車時間のデータと合わせて解析することによって渋滞路、裏道、住宅地、高速道路、空いている国道走行などおおよその走行パターンを読むことが出来ます。

平均アクセル開度

アクセル開度=スロットル開度に置き換えて、平均してどのくらいエンジンに負荷を掛けていたのかを判断する指標になります。加速時のアクセル踏み込み量や坂道などの道路的な負荷、車両の積載状態などを予測します。この値は大きい方燃費が悪化します。

停車時間

主に渋滞路、信号停止時間を予測する目安になります。停車時間が少なく平均車速が高いほど燃費は向上します。

この数字としてこの4つをモニタリングして燃費解析することによってどのくらいの速度でどのような道をどのような走行負荷で走行して何時間の走行データなのかが分かります。

この情報を基本にして後は詳細な使用状態(エアコン・電気負荷etc...)、道路状態(渋滞、登坂道路etc...)から燃費悪化要因を探り燃費向上を図るのが当サイトの燃費解析方法の簡易的概要です。

■なぜ細分化して燃費診断するのか


例え同型同車種でエンジンもミッションも駆動方式も全く同じ車の燃費を測定するにしても同じ使用状況というのは絶対にありえないはずです。

また世間話などで燃費の話になったとしても詳しい使用状況などを交えての比較はしないでしょう。このように具体的な比較対象がないにもかかわらず年々燃費に対する苦情は絶対的に増え続けています。原因の一つは比較の対象が10・15モード燃費の解説に偏っていることです。

さらに悪いことが10・15モードの説明がされておらず、販売したディーラーでさえ10・15モードについて即答できない状態は普通の光景です。よって当然購入ユーザーもよっぽどの興味がない限り知りません。現に燃費苦情で相談しに来るお客さんで10・15モードについて詳しく知っていたお客さんは居ませんでした。

このような背景があり、運転状況、使用状況などによって車の燃費がどのくらいになるかという目安を付けやすくして、それに対しての自分の車の燃費はどうなのか?ということを比較していただくために各項目を細分化して燃費比較診断をしております。

cms agent template0035/0036 ver1.005