山道・登坂走行


スポンサード リンク

道路状況で山道・登坂走行と自動車燃費の関係を解析して燃費向上する方法

■山道・登坂走行とは?


山道・登坂走行とは主にエンジン負荷(アクセル開度)が30%以上の走行がメインでカーブが連続するような峠道などを指します。

■山道・登坂走行の自動車燃費への影響


山道などで坂道が多かったり、カーブが多いと減速と加速の繰り返しで燃費が悪化してしまいます。

特に登坂道路(上り坂)では勾配抵抗/自動車燃費の影響でアクセル開度も大きくなり、エンジン負荷も、回転数も高くなってしまい燃費面では最悪の悪条件になり重量が重いほどこの影響を受けやすくなります。

カーブ(コーナリング)と燃費

上記の山道走行でも同じことが言えますが、カーブがあるということはブレーキングが増えることにつながり、その分を取り戻すのに加速をしなければなりませんので燃費は悪化する傾向にあります。

仮にブレーキングはしない人がいたとしましょう(ありえませんが)それでもやはり燃費は悪化します。なぜなら曲がるという行為そのものがブレーキングの要素を持っているからです。

スキーやスノーボードをしたことがある方なら解ると思いますが「ターン」はターンすることによってブレーキングの要素を持たせスピードの調節をする行為です。ましてや車はスキーなどと違ってエッジをたてて・・・などということはできませんのでカーブするときには必ずスリップを生じながら曲がっていきます。

ブレーキング要素の力はスピードが出ていれば出ているほど、コーナーのR(角度)が鋭角であるほど大きくなります。これはスピードが早いほど角度が小さいほど自動車に働く遠心力が大きくなり曲がっていくためです。

このブレーキング要素によって山道などの峠道では道は空いていて、信号に引っかからなくてもそれほど燃費が伸びないわけです。(登坂のエネルギーロスも重なって)

■山道、カーブの多い道路での燃費向上対策


山道の登坂道路での燃費向上対策としてはいかに上り坂で使ったエネルギーを下り坂で取り戻すかにかかってきます。

下り坂でのエンジンブレーキなら燃料噴射がほぼカット(フューエルカット)されるエンジン回転領域であると推測されるため、アクセル操作によるスピード調節を極力避けてエンジンブレーキをうまくす要することが燃費向上に一番貢献します。

カーブが連続するような道路ではどうせ加速しても減速をしなければならないので少しペースダウンして減速、加速の度合いを低く、緩やかにして運転を心がける、急ハンドルを控えることによってタイヤスリップによる減速要素を極力少なくすることで、小さいことですが燃費向上に貢献します。


cms agent template0035/0036 ver1.005