高速道路走行


スポンサード リンク

道路状況で高速道路走行と自動車燃費の関係を解析して燃費向上する方法

■高速道路走行とは


高速道路走行とは単に高速走行することでは無く、信号が無い有料の高速自動車国道の80~100km/hの連続走行のことを指し、首都高速のようにカーブや分岐が激しく一定速度の走行を持続するのが困難な状況下での走行を除きます。

■高速道路走行と自動車燃費の影響


高速道路では基本的に一定速なので自動車燃費をどうにかしようにもあまり変わらないと思うでしょうが、高速道路走行にも燃費向上要素、悪化要素それぞれありますので燃費向上対策のため知っておきましょう。

高速道路走行での燃費向上要素
まず信号がないため渋滞をしない限りフットブレーキによるブレーキングエネルギーのロスが少ないというのが最大の燃費向上要素です。またアクセルワークも一定に保てるため無駄な加速をすることがなくなる点がもう一つです。

更に首都高速のような道路でなければカーブ、レーンチェンジなどのハンドル操作によるブレーキング要素も一般道路より削減されるので有利になる点の一つです。

高速道路走行での燃費悪化要素
高速道路では燃費が良くなるという印象ばかりでしょうが実は悪化方向に働く要素も多かったりします。まず速度の2乗に比例して増大する空気抵抗が一つ(詳細はリンク先で)。

そして速度に比例して増大する転がり抵抗がもう一つ。転がり抵抗に関しては乗車人数、積載重量、タイヤサイズなどによって更に増大させる可能性があります。

さらに車固有の問題としてエンジン性能とトランスミッションのギヤ比があります。分かりやすい例としては同じ時速100km/hで走行したとしても軽自動車と2000ccの普通乗用車では燃費の伸びが違います。

ヘタをすれば軽自動車は高速道路の方が悪くなるかもしれません。これはエンジンとギヤ比が2000ccの乗用車の方が高速走行に適しているからです。このような現象は同排気量車でも起こりえる現象です。

このように高速道路だからといって必ず大幅に燃費が向上するわけではありません。しかしながら大抵の自動車が高速道路走行で燃費が伸びる理由としてブレーキング要素を減らせる、アクセルを一定に保てるという点がいかに有利に働いているかと言うことが分かります。


■高速道路走行での自動車燃費向上対策


基本的に上記で挙げた燃費悪化要素である空気抵抗転がり抵抗をいかにして減少させるかがポイントになります。一定速度の走行である高速ではアクセルワークなどではほとんど差が出ません。

あえて挙げるとすれば速度の維持の仕方として一定のアクセル踏み込み量かアクセルONとOFFを繰り返して惰性走行を織り交ぜていくかの違いになりますが、燃費に対する影響は車によって一概には言えないことが燃費測定によって判明しました。

オススメとしてはアクセル一定よりONとOFFを繰り返して惰性走行を織り交ぜていく速度維持方法の方が燃費が良くなる傾向にあるようです(私のマイカーもこちらの方法が有効なようです)

空気抵抗対策

まずは高速道路でありがちな速度超過は言うまでも無く燃費を悪化させます。正確に言うと空力的に有利な自動車に関してはこの限りではないのですが法律的にも問題ですので速度は守ることが前提です。

特にワゴンやトラックなどくうり空力的に不利なデザインの場合は空気抵抗の影響は速度の上昇によってかなり増大し、100km/h付近からは燃費を大幅に左右する要因となります。キャリヤーなどの付属品、大型のリアスポイラーなども何気に空気抵抗を増大させ燃費を悪化させる要素になってしまいます。

スポイラー外してまで対策する必要はありませんが使用しないキャリヤーなどは出来ればシーズンごとに外しておくといいでしょう。

転がり抵抗対策

空気抵抗に比べると高速域での抵抗増加量は少ないのですがメンテナンス不良でタイヤ空気圧が低かったりすると思わぬ影響を受けることもあります。燃費悪化だけでなくタイヤの寿命低下やバースト(爆発)による二次災害などを引き起こさないように十分注意しましょう。

またタイヤのたわみ量が大きくなる原因として積載物の重量も関係してきますので必要のない荷物は降ろしておきましょう。また高速走行ではエコタイヤの効果も若干体感が期待できるステージでもありますので、検討してみても良いかと思います。


cms agent template0035/0036 ver1.005