路面温度と抵抗


スポンサード リンク

路面温度と自動車燃費の関係を解析して燃費向上に役立てる考え方について

■路面温度と自動車燃費


このページは路面温度によってタイヤの転がり抵抗が同のように変化するかを考える、燃費対策にはあまり関連の無い自己満足のおまけ的なページですので飛ばしていただいて構いません。大きな目で見たときに主に関連してくるのは気温と燃費の関係です。

路面温度とタイヤの転がり抵抗

炎天下のアスファルトは熱せられて50~60度にもなるといわれており、常に車重によって高温な路面に押し付けられているタイヤは熱によって柔らかくなります。柔らかくなると何が起きるかというと転がり抵抗の増加が起きます。

よくレースなどでは走行前にタイヤを温めます。タイヤウォーマーがあるくらいなので非常に重要なことなのですが、これはタイヤを暖めることによってグリップを向上させようという試みです。

言ってしまえばグリップがいいタイヤは路面への食いつきが良い反面転がり抵抗としては優れていないということです。球体の柔らかいく接地面に食いつくものと、硬くて食いつきにくいものを転がすことを想像してみるとどちらがより転がりやすそうでしょうか?

当然硬いほうが転がりやすいようなイメージが湧くと思いますがまさにその通りなのです。実はタイヤ空気圧と燃費の関係もこれに似ており、この場合はタイヤ自体の変形量を空気圧を高くする(硬い)と転がり抵抗は減り、低くなる(柔らかい)と転がり抵抗が大きくなる。というのと同様です。

空気圧による燃費の逆転現象

ということで夏場の路面高温時と冬場の路面低温時では夏場の方がタイヤ自身の転がり抵抗が増大するということになりますが・・・そう簡単に考えられるものでもなく空気圧においては逆転現象が起きるため路面温度から燃費の変化を感じるのは非常に難しいのです。

空気圧における逆転現象とは夏場は走行中にタイヤ内部の空気が暖まって膨張しタイヤ空気圧が自然に上昇します。逆に冬場は空気圧が減ることは無いものの夏場や暑いときに調整したままであれば極端に空気圧が落ちた状態で走行することになり燃費において不利な要因を作ってしまいます。


■路面温度と燃費のまとめ


このようにイロイロな考えをめぐらせていましたが最初から温度による転がり抵抗の変化が微々たる物で取るに足らないことは分かっていましたが、探求してみたいという一心でこのページを作成しましたが、結果を見るとホントに取るに足らない問題でした。

ただ教訓としてタイヤ空気圧のメンテナンスは季節の変わり目には温度変化によって上下することがありますので注意しましょう。といったところでしょう。


cms agent template0035/0036 ver1.005