カーエアコン使用の影響


スポンサード リンク

カーエアコン使用の燃費への影響を解析して自動車燃費を向上させる方法について

■カーエアコン使用と自動車燃費


カーエアコンの基本的な構造・作動

自動車のエアコンはエンジンのクランクシャフト(出力軸)プーリーからV(リブド)ベルトを介してコンプレッサーを駆動することによって家庭用のエアコンのように冷媒を圧縮→気化させています。

設定温度や外気温によってコンプレッサー稼働率をIC制御によってマグネットクラッチをON、OFFさせており、さらにエアミックス(冷気と暖気の混合)機構によって冷気温度を変化させています。

ハイブリッドカーなどではエンジン停止時やモーターでスタンバイ時に対応するため元からモーターでコンプレッサーを駆動するような仕組みになっているようです。

エアコン効率と燃費

家庭用のエアコンも同様ですがカーエアコンも気温による影響を大きく受けます。まず気温が上がることによって目標温度までのコンプレッサー稼働時間が伸びることが燃費悪化要因の一つ。

カーエアコンはコンデンサーと呼ばれるラジエーターのような放熱フィンに高熱になった冷媒を循環させ大気温度で冷却しますので大気温度が上昇すると冷却効率が下がります。冷却効率が下がるとコンプレッサー稼働率を上げて対応しなければならない事が燃費悪化要因2つ目です。

カーエアコン使用とアイドリング時の燃費

エアコンを使用していると走行していないときの燃量消費量が極端に多くなります。気温、湿度に左右されるもののエアコンを使用していないときの1.2倍から2倍の燃料を余分に消費します。

排気量が大きい車やリアエアコン搭載車両などは特にその影響は大きくなり、アイドリング時は走行風による冷却効果が得られないため気温が高いとコンデンサーの放熱効率が極端に落ち、電動ファンとコンプレッサーがフル稼働になって燃費が悪化します。


■カーエアコンの使用と燃費向上対策の要点


乗車前に熱気を抜いてカーエアコンの効率アップ

エアコンをつける前に窓を全開にして車内の熱気を一度ぬきます。真夏の車内は60度近くまで上昇することも珍しくないのでせめて40度くらいまで下げれば効きはじめも早くなり、初期のコンプレッサー稼働時間を短くして燃費向上に貢献します。

空気循環モードの操作

車内の空気循環は内気モードにしておく。これによって車内の一度冷えた空気を循環させることによりエアコンの効率をあげることができます。外気モードでは車外の熱風から冷やさなければならないのでコンプレッサーが常時フル稼働になるため燃費が悪化します。

温度設定の適正化

エアコンが効き始めたらECONモードがあれば切り替えて、無い場合でも設定温度を適正に設定しましょう。これによりコンプレッサー稼働率を下げれば燃費向上になります。エアコンをONにしている間は常時稼動ではなく目標温度でON、OFFを繰り返しています。

カーフィルムで太陽熱を遮断

ガラスのフィルムは太陽熱を遮断する効果がありますし、物によっては赤外線カットフィルムなどもありますので、これを利用することにより冷房効果を高め燃費向上に貢献することが出来ます

※フロントウィンドウ、フロントドアガラスにフィルムを貼り付けることは禁止されています。可視透過率70%以上のものであれば基本的にOKですが何も貼り付けない状態でも70数%~80%なので貼り付けた時点で違法になる可能性が高いので注意しましょう。


cms agent template0035/0036 ver1.005