電装品使用の影響


スポンサード リンク

オーディオ・灯火類などの電装品使用と自動車燃費を解析して燃費向上対策をする

■電装品使用による電気負荷とは

ここで言う車の電気負荷とはヘッドライトなどの灯火類、オーディオ、ナビ、デフォッガ、ワイパーやアクセサリー類などまで車で使用する電気全般の事を指します。エンジンが掛かっているから電気代は無料なんて思わないようにして下さい。しっかりとガソリン代で徴収されていますよ。

■電装品使用の自動車燃費への影響


エアコンを使用すると燃費が悪くなるのは有名ですが、これはエアコンが電気だけでなくコンプレッサーをエンジンの力を利用して回しているため顕著に影響が出るからです。

ところがオーディオなどの電気の使用に関しては燃費を気にする人は少ないようです。それどころか車で使う電気は電気代がかからないから使ったほうが得だという考えの人までいるようです。

実際そんなわけはなく自動車の電気はオルタネーターまたはダイナモで発電されており過充電にならないように電圧が低くなると発電機からバッテリーへと充電されるようになっています。

車内で消費される電気は基本的に発電機の発電によって供給されますが足りない電気に関してはバッテリーから供給されます。バッテリーを消費すれば充電制御のために発電機は稼動状態になります

V(リブド)ベルトを介してエンジンの回転を利用している発電機は回転の抵抗になる為エアコンのコンプレッサーの稼動などと同様(エアコンほどの抵抗にはなりませんが)燃費が悪化します。

■消費電力の大きい電装品と燃費


以上のような理由から電気の使用と燃費には少なからず関係がある事がわかったと思いますが、車内の電装品で消費電力が大きいものをいくつか上げさせていただきます。

ヘッドライト(灯火類)

使用不可欠な電装品ですがヘッドライトは消費電力が大きい電装品です。ヘッドライトの電球を交換したことの有る人は知っているかもしれませんが一般的な乗用車でハロゲンランプ使用であると消費電力は片側Low:55W/Hi:60Wであることがほとんどです。

例えばHiビームで走行中の左右ヘッドライトの消費電力は120Wです。たいしたことはないと思うでしょうが自動車バッテリーは12Vなので電流に換算すると10Aです。10Aと言えば家庭用電源100Vだとエアコンなどが使用できる電流量です。

デフォッガ(電熱線)

熱を発生させる系統の電装品は消費電力が多くデフォッガなどが代表的です。リアウィンドウの熱線などに使用されている電熱線によるくもり取り機能をリアウィンドゥデフォッガといい消費電力は100W以上になります。

ナビ・オーディオ

最近の車にはナビゲーションを搭載した車も多く一般化してきました。更にサラウンドシステムなどの充実によってスピーカを10基以上搭載している車も存在します(純正のシステムで)

実は「音」も電力消費が激しくなる原因の一つでアンプの容量が大きく音を大きくするとその影響は多大なものとなり、全電装品の中で消費電力はTOPクラスです。

後付けのサブウーファーなども消費電力の大きいものの代表で、ある程度の出力を持っているサブウーファーやアンプは通常のヒューズ負荷では耐えられない為、新たに+電源とヒューズ負荷を敷きなおすなどの作業が必要になるほどです。

■電装品使用に対しての燃費向上対策


電装品に関しては使用を避けられない物が大多数なので使用しないわけにはいきませんが、要は主婦の皆様がやっている節約と同じ考えでOKなのです

ヘッドライトの減光で燃費向上

イメージが湧きにくいと思いますので例を挙げさせていただくと、ヘッドライトであれば夜間点灯しないわけにはいきません、しかしながら信号待ちなどでは点灯しっぱなしにしている必要ありません。

消してしまっては危ないというかいけませんので、信号待ちなどの間だけスモールライト(車幅灯・尾灯)の位置までスイッチで減光します。このような行為は電気負荷低減による燃費向上だけでなくバッテリーに対しても優しく、寿命を向上させます。

更に前方車両や対向車にとっても優しい行為といえますので、是非実践してみてください。

裏技としてハロゲンランプから消費電力の少ないHID(ディスチャージヘッドランプ)に交換するという手がありますが、まだまだ値段が高価です。元々購入予定があったりすれば一石二鳥程度に考えるといいでしょう。

付けっぱなしを無くす

節約の基本は「点けたら消す」とよく言いますがそのとおりで車においても同様です。デフォッガなどは点けたら消し忘れが多く無駄な電力を消費してしまいがちです。他にはエアコンの風量は適切に、くらいでしょうか。点けたら消す、最小限に。が燃費向上対策となります。

オーディオ類は人それぞれ

趣味を優先するか燃費を優先するかは人それぞれです。ただこのサイトは燃費向上対策を追求するのが目的です、言わせていただくと大音量、ウーファー、アンプの増設等は多大な電気負荷が掛かりますので両立するならば意識して最小限にすることが燃費向上への対策となります。


cms agent template0035/0036 ver1.005