This page:燃費向上対策解析ブログ TOP > 燃費向上要素・悪化要素 > 車使用方法 > (エコ)タイヤ、インチアップの影響

(エコ)タイヤ、インチアップの影響


スポンサード リンク

(エコ)タイヤの性能やインチアップの自動車燃費への影響を解析して燃費向上対策。

■エコタイヤ装着と燃費の関係


仮に交換前のタイヤと交換直後のエコタイヤの実走行燃費を同条件で走行比較したとしたら燃費が悪くなる恐れがあります。何で?と驚くかもしれませんが理由は2つあります。

新品タイヤとの外径差

1つは消耗タイヤと新品タイヤには外径差があるためです。分かりやすくタイヤ溝が5ミリ摩耗したタイヤがあるとしたら直径にして1cm小さくなります。ということはタイヤ外周が1πcm短くなるということです。

自動車のトリップメーター(区間距離計)はスピードメーターから算出しています。スピードメーターはタイヤ外周の長さを逐一計算しているわけではなく1周当たりのセンサーからのパルス信号数によってスピードを算出しているので上記の条件の場合1回転につき1πcmずつ誤差が出ます。

結果的にタイヤ外径の小さいタイヤは新品タイヤよりも実際は走っていないのに1πcm×タイヤの回転数分トリップメーター上は走ったこととなり満タン方での燃費計算上は燃費が向上する結果になります。

新品タイヤの路面追従性

例えエコタイヤといえども新品タイヤは使用済みタイヤよりも柔軟性が高く路面追従性やグリップ性能が優れています。エコタイヤの転がり抵抗比較ではどちらも新品タイヤで比較しますので公平に検証できますが、現実的には今まで履いていたタイヤとの比較になります。

こういった場合にゴムが柔軟でグリップ力の高いタイヤと燃費性能を比較した場合エコタイヤの方が悪くなってしまうということも正確なデータ取りでは発生する可能性はあります。

実際にはこう単純な計算ではないのですがエコタイヤの燃費向上効果は微々たる物ですから以上のような2つの原因などで燃費データを計測した時に実測値が悪化するということも考えられます。

しかしながらエコタイヤはタイヤメーカーが実際に行った実験で転がり抵抗低減を証明しており、その実験の内容数値は信頼に値するもので、偽りではないので少ないながら効果は期待できるでしょう。

■タイヤサイズ(幅・扁平率)と燃費の関係


タイヤワイド化と燃費の関係

実はタイヤサイズも燃費に大きく関係してきます。自動車のカタログなどでもエンジンは一緒でもエアロパッケージなどでタイヤサイズが違うと10・15モード燃費の表示が異なったりします。コレは接地面積が増えてタイヤの転がり抵抗が増加するためです。

すなわちタイヤをワイド化すると燃費は悪化するということになります。分かりやすい例としてあげれば競輪選手の自転車のタイヤは何であんなに細いのか?という事を考えてみましょう。

いくら競輪の選手と言っても人間が発生させる動力は極めて非力です。コンマ数秒を競う世界ではタイヤの転がり抵抗も重要な鍵となる為極限までタイヤを細くして転がり抵抗を低減させています。(自動車やバイクのレースではグリップ力を重視する為この限りではありません)

※実際はスリップ率によるモーメントの逃げや接地荷重との関連もあり簡単な問題ではないのですが純正からインチアップ、ワイド化したときの一般的な傾向です。

扁平率と燃費の関係

扁平率とはタイヤの高さ÷幅×100%で求められるサイドウォールの厚みを表す指標と考えてください。理論的には低い%の方が剛性が高くタイヤ変形が抑えられるため燃費は良くなる傾向になるのですが同時にタイヤのワイド化しますので結果的に燃費が悪化してしまう傾向にあります。

■タイヤでの燃費向上対策


エコタイヤの燃費向上効果

正直に言わせて貰うとエコタイヤ装着前と装着後の燃費をモニターしましたが明確に数値に出るほど燃費向上効果は望めません。しかしながら転がり抵抗が低減しているのはまぎれも無い事実です。

ましてやタイヤは消耗品で減ったら必ず交換が必要になります。仮に短期での結果が望めなくても交換までの数万キロもの間微力ながら燃費向上効果を発揮し続けます。

長期での計測をしていない為数値は出せませんが確実に効果は望めるだけにヘタな燃費向上グッズを購入するくらいであれば断然エコタイヤの装着をオススメします。

ワイドタイヤ、インチアップ化はトータルバランスを考えて

通常は純正で設定されているタイヤサイズが燃費性能や乗り心地に関して、トータルバランスを考えた時にベストになるようになっています。なぜなら設定サイズは接地軸荷重やサスペンションなどとバランスされているからです。

しかしながら必ず全てにおいて悪くなるということではなくグリップ、コーナリング、ハンドリングなどは程々であればかなり向上することもあり燃費もさほど悪化しません。2インチ2ワイド化を目安に最初の設定が高い扁平率でも3インチ3ワイド化までに留めておいた方がいいでしょう。


cms agent template0035/0036 ver1.005