This page:燃費向上対策解析ブログ TOP > 燃費向上グッズ関連 > オイル系添加剤の知識 > エアコンオイル添加剤の必要性

エアコンオイル添加剤の必要性


スポンサード リンク

冷媒と循環しているエアコンコンプレッサーを潤滑しているエアコンオイルの添加剤と必要性

■エアコンガスとエアコンオイル


エアコンオイルはエアコンのコンプレッサーの潤滑を目的としたオイルで、通常冷媒であるエアコンガスと共に冷媒サイクル中に混合して循環しています。ですから特別エアコンオイルだけを補充する必要はなくエアコンガス漏れ修理時に補充する程度です。

ですから当然ですがエアコンオイルだけを交換することは出来ません。エアコンオイルを交換するなら冷媒であるガスを全て抜き変えて補充する行為がそれに当りますが環境面から考えても非常にいいとは言いがたい行為であると言えます。

※現在は使用されていないR12冷媒はオゾン層破壊性から使用不可能になりましたが、冷媒自体に潤滑性能があり冷却効率も非常に良好でした。比較して代替冷媒となったR134は冷脚効率自体は劣るもののオゾン層破壊係数が低いことから現在使用されています。

※ガス=冷媒 ※冷媒サイクル=圧縮液化→膨張気化のサイクル

■エアコンオイル添加剤の効果


そもそもエアコンオイルに添加剤が必要かどうかと言うことになるんですが、エアコンの冷媒サイクルでは粘度抵抗の過大は逆に冷却不良や故障の原因になります。しかしながらコンプレッサーは高圧化で圧縮を行わなければいけませんので思いのほか負荷が高い状態です。

したがってオイルは必須となるのですがバランスが大切です。もしもガスが減ったとして先にエアコンガス漏れを修理しなければならないんですが、ガス補充時に必要なオイルを添加剤と微量に混合させて補充するのがベストでしょう。

すなわち使い方を誤まらなければ効果はあるといえます。実際に潤滑不良でコンプレッサーロックを起こしたり異音が発生してしまう場合もあります。これらを防止する効果としては有効であり、フリクションロス低減による燃費向上効果もあるかと思います。

■エアコンオイル添加剤補充について


エアコンオイルやエアコンオイル添加剤の補充はエンジンオイルのように手軽には行かず専用の機器が必要で知識なくDIYで行うのは極めて危険です。また代替フロンのR134も大気開放は環境面から厳禁です。

もしどうしてもエアコンオイル添加剤を補充したい場合は整備工場やカー用品店に相談して作業をしましょう。ちなみに入れすぎは逆効果なので注意してください。

エアコンオイル添加剤として利用できるもの

WAKO'S(ワコーズ)添加剤PACニューテックコンプブーストなどが冷媒一体型のエアコンオイル添加剤なので冷媒量に応じた本数をそのまま持ち込めばカー用品店や整備工場で作業してもらえると思います。


cms agent template0035/0036 ver1.005