スパークプラグ強化の効果知識


スポンサード リンク

イリジウムプラグなどの点火強化系の燃費向上効果と知識について

■スパークプラグ強化とは


スパークプラグは良い燃焼得るための3要素である良い混合気、良い火花、良い圧縮のうちの良い火花の中核を担う自動車の重要部品であり、近年では従来のニッケルから電極をイリジウム化したイリジウムプラグが使用されるようになってきています。

スパークプラグを強化するということは点火系を強化するということです。これによって全負荷域で確実な点火を促進して失火(ミスファイア)を防止し完全燃焼に近づけることによって出力向上及び燃費向上効果が期待できます。

■イリジウムプラグの燃費向上効果、原理


肝心な点火系強化による燃費向上効果ですが、走り方によって効果の出方が異なるだろうというのが正直なところです。点火系を強化することによって得られる効果は点火の確実性を向上させることによって確実な燃焼を行うことです。すなわち失火の抑制です。

フルコンピューター制御の現在の優秀なエンジンでは普通に走っていればまず失火するような状況には陥りませんが、加速時などに完全燃焼しきれない場合があります。特に上り坂や強めの加速、積載重量(乗車も含む)ような状態では瞬間的な失火に近い不完全燃焼が起こる可能性はあります。

なぜなら一時的に燃料は濃くなり、燃焼室圧力が高くなります。高圧力下では火花放電を起こす為の要求電圧が高くなりますので、火花放電が弱くなってしまう傾向にあります。イリジウムプラグは電極が細いので要求電圧が低く簡単に強い火花放電を起こすことができますのでミスファイヤが少なくなるということです。

更にイリジウムプラグは電極面積が少ないので燃焼初期(火炎伝播初期)に電極が吸収する熱量が通常のプラグよりも少なく低温始動性などにも優れています。

話は戻りますが失火(部分失火も含め)を抑制できるということは、ガソリンからを燃焼させて取り出せるエネルギーを効率よく使用できるということですから燃費向上効果にも繋がります。上記の説明で分かるとおり全回転域で劇的に変化があるというわけではありません

乗り方によって1~5%の燃費向上効果とフィーリングの改善が得られれば良いくらいと考えておきましょう。直噴エンジンをはじめとしたリーンバーンエンジンに対してメーカーの装着率が高いことから効果は微力であっても確実に有るということが伺えます。

■イリジウムプラグの種類

イリジウムプラグにも端子形状や電極の細さなどによって性能や寿命が違います。体感を上げて効果を実感するには以下を参考にしてください。

DENSOイリジウムプラグ

超極細0.4mmのイリジウム電極(通常は2.5mm)を持つスパークプラグで、超寿命約10万キロ使用可能なイリジウムタフ、点火性能を求めてU字接地電極を採用したイリジウムパワー、レース仕様のイリジウムレーシングをラインナップ。

中心電極0.4mmは最も細い電極とされており、消炎作用が少なく失火が起き難いのが特徴、また火花放電要求電圧も低くて済みます。レーシングまでは必要ありませんが体感や効果を求めるならイリジウムパワーが最もオススメです。

NGKイリジウムプラグ

NGKのイリジウムプラグはレーシング仕様のイリシリーズ、接地電極テーパーカットのイリジウムIX、プラチナを使用して耐久性を向上させたイリジウムMAXとスタンダードモデルの計4種。

IXとMAXの点火性能が同じなことを考えるとイリジウムMAXが最もオススメです。耐久性無視で体感効果だけを重視したいのならイリシリーズに手を出してみるのもいいかと思います個人的にはDENSOがお勧めです。

■スパークプラグ強化の燃費向上効果総合解説

イリジウムプラグとあわせてコードなども同時に強化する事で相乗効果は得られそうですが、2つあわせても燃費向上効果としては変わらず1~5%でしょう。なぜならば点火火花が強ければ強いほどいいという性質ではないからです。

点火できるか出来ないか、出来ない状態をいかに作らないかという以外は改善の余地はありません。強くしたところでそれ以上は無いのです。(点火タイミングは全くの別問題ですのでプラグやコードではどうにもなりません)

■スパークプラグ強化による二次産物


稀に点火系強化をフルチューンしたら極端にエンジンの調子が良くなることがあります。それは点火系に異常がある可能性が非常に高いといえます。プラグを交換したら途端に調子が良くなったなどと言う場合です。

通常スパークプラグの交換でエンジンの調子が著しく変化するような場合は、プラグ内断線や碍子割れなどのプラグに内的、外的な完全な損傷がある以外は他の不具合が絡んでいる可能性があります。根本的な故障を解決することを最優先にするようにお願いいたします。


cms agent template0035/0036 ver1.005