レギュラーとハイオクの違い


スポンサード リンク

レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いと燃焼状態、出力、燃費性能について

燃料系燃費向上グッズにはよくオクタン価を上げて~と言う商品が多くありますが、そもそもオクタン価とはなんでしょうか?レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、オクタン価を理解して燃料系燃費向上グッズについての知識を深めておきましょう。

■レギュラーガソリンとハイオクの違いは?


オクタン価の違い

レギュラーガソリンとハイオクの違いはハイオクと言う名前が示しているようにオクタン価の違いによるものです。レギュラーガソリンのオクタン価は90前後、ハイオクは96以上と規格で定められていますが実勢で98~100です。

オクタン価はアンチノック性を示す指数であって燃料自体のカロリーや燃焼パワーに関わる指数ではありません。ノッキングは自己着火性の高い燃料ほど起こりやすい為、ハイオクガソリンは自己着火性の低い燃料と言うことが出来ます。

自己着火性の高い燃料ほどオクタン価が低いといえます。燃焼のしやすさ、引火性とはまた異なりますので誤解のないようにしてください。ノッキングについてはノッキング音の発生原因ノッキング音低減,防止対策を参考にしてください。

■オクタン価による燃費の影響


レギュラー指定車にハイオクを入れるとどうなる?

レギュラー指定車にハイオクを入れても普通の乗り方をしていればあまり違いは感じられないかと思います。おとなしい乗り方(省エネ運転)を実施されているユーザーは燃費に関しても大差ないかと思います。

レギュラー指定車は元々レギュラーガソリンのアンチノック性でも十分対応できるエンジンである事からレギュラーが指定されていますが、ノッキングを全く起こさないわけではありません。ノックコントロールセンサーも高性能で補正が早いので起こしにくいことは確かです。

しかしながら積載状態、フル乗車状態での急加速、またはラフなアクセルワークでは確実にノッキングが発生します。このような時はコンピューター制御によって点火時期を遅角(遅らせ)てノッキングを抑制する制御を繰り返しています。

遅角制御は出力が一時的に低下、燃費も悪化する為繰り返しこの制御状態が続いたり、慢性的にこのような状態ですと最悪10%程度が遅角制御が原因で燃費悪化する可能性があります。これは極端な例ですが乗り方以外でもカーボンの蓄積が原因になることもあります。

よって比較的乗り方が荒いユーザーにとってはレギュラー指定車にハイオクガソリンを入れることによって思わぬフィーリング向上と燃費向上効果があらわれる場合もあります。なお悪い方の害としては価格が高い以外にはないかと思います。

ハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れるとどうなるか?

ハイオク指定車はハイオクガソリンのオクタン価をある程度見越して設計されているエンジンに指定されているのでノッキングの多発、出力の低下、燃費の悪化などの症状が顕著に出る可能性があります。

なぜハイオクが指定されているのかを根本から考える必要があります。ノッキングは燃焼温度が高いほど起きやすくなります。ハイオク指定車はそのような状況になりやすいエンジンである事が少なからずあります。

例えばターボ車などは過給によって吸入空気を強制的に圧縮して通常より燃焼室に多くの空気と燃料を押し込みますので燃焼圧力が高くなりノッキングが発生しやすくなっています。よってターボ車などでは大抵がハイオク指定車です。

他にも圧縮圧力が高いエンジンなどもノッキングが起きやすいためハイオクが指定されています。と言う事でハイオク指定車にレギュラーガソリンを入れてもいいことはありません。(ノッキングするということはエンジンにとっても良くありません)

ガソリンスタンドによってハイオクが違う

ハイオクガソリンはガソリンスタンドによって独自に名前が付けられたりしており、プレミアムガソリンなどとも呼ばれます。オクタン価は私の知る限り実勢で大体100なのですが石油メーカーによっては異なる場合も有ります。

また同じハイオクでもメーカーの違いで明らかにフィーリングが異なる場合も有ります。これはガソリンのメーカーによって石油が粗悪であるということも考えられますが、エンジンとの相性と言う可能性もありますので給油場所をたまに変えてみて確かめてもいいかもしれません。

■燃料添加剤でオクタン価を上げる


レギュラーに燃料添加剤を使用してオクタン価を上げるのもいいですが、ハイオクに更に燃料添加剤でオクタンカを上げるという手もあります。この手法は高過給のチューニングエンジンなどのノッキング対策に以前私が用いていたのですが思いのほか効果が高いです。

ただし燃費向上対策として利用するには費用がかかり過ぎると言う点(ただし燃料系、燃焼室の洗浄作用は期待できる)、ノッキング防止であって省燃費運転での燃費向上に貢献する対策ではないのでお勧めはしませんが、フィーリング的には面白いと思います。

NOSオクタンブースターシリーズ がオススメですが中でもニトロメタンを成分中に含むレーシングフォーミュラがお勧めです。私も常用はしてませんが・・・。


cms agent template0035/0036 ver1.005