動力伝達機構 燃費向上関連の自動車機構

燃費対策のために改善されている自動車動力伝達機構について

スポンサード リンク

ロックアップトルクコンバーター
電子制御式4WDシステム
CVT(自動無段変速機)

CVT(自動無段変速機)

自動無段変速機=CVTの動力伝達効率、作動と燃費性能について

■CVT(自動無段変速機)とは


ソレノイドによる油路切り替えで自動変速をするオートマチックトランスミッションに変わって、段階制御ではなく無段変速でギヤ比を連続的に変化させて走行を行うトランスミッションをCVTといいます。

CVTの構造は主変速部に2つのプーリー(金属の輪)と金属製のサイレントチェーンを用いて発進時などの加速時、高負荷時には小さい径比のプーリーで大きいプーリーを駆動し、巡航中などの低負荷には大きいプーリーで小さいプーリーを駆動しています。

2つのプーリーでこのような働きをするに当ってプーリー径比を油圧ピストンなどで可変されることによってチェーンを挟み込む位置を変化させギヤ比を連続的に変化させながら動力伝達をしています

■CVTの燃費性能


CVTも従来の従来のA/Tと同じ様に流体継ぎ手のトルクコンバーターを用いてエンジンからCVT主要変速機構部分までの動力伝達を行っています。したがってトルクコンバータのスリップ率による動力損失には基本的にA/Tと変わりません。

しかしながらCVTの特性上ロックアップ作動領域を拡大できるようですので実質の燃費性能はトルクコンバーターの制御の時点でA/Tより若干CVTが有利なようです。

さらにCVTは段階制御ではないのでA/Tのように加速時に回転が落ち込みと上昇を繰り返しますが、CVTの場合は回転が上昇したら一番美味しい部分の回転を維持しながら加速し続けます。弾か緩加速時には、いち早くハイギア、低回転の低燃費状態に制御します。

エンジンブレーキ(アクセルOFF)ではフューエルカットが効くギリギリの回転域を保つように制御され、フューエルカット最低回転数も低く設定できるようです。

以上のような制御からCVTの燃費性能はM/Tに匹敵し、A/Tははるかに凌ぐ性能を持っています。ギヤ比がかなりワイドレンジなので走行方法によってはM/Tよりも燃費の良い走行方法をすることも可能です。

自動車のCVTについてにはもう少し分かりやすくCVTについて書いてあります。CVTの利点や欠点などもこちらを参考にしてください。

edit